スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンド円のロジックのまとめ。順張りについて。

メタバイザーこんばんわ。 最近感謝の念が絶えない。
喜びと感謝のメタバイザーです。

最近キャンペーンが終わったのにも関わらず、ゴールデンオーバーレイを様々な通貨ペアで申し込んでくれている人が増えている。人気ブログランキングへの順位が上がっていて、物凄く嬉しいメタバイザーです。
今朝確認したらなんと67位になっていた。
4日前は131位とかだったのだが・・131→101→96→81→67位と進んでいる。

感謝で胸が熱くなる。心から御礼申し上げる。
prev51-100位のどこかに恐らく我がアカデメイアがあると思うので、

興味のある人はチェックしてもらえると嬉しい。

順位を確認ついでに、現在人気ブログランキング3位にあるブログ、FXブログ笑えるFXトレード日記内田塾  はメンタルを鍛える上で本当にお薦めのブログなので、一度は訪問すると良いと思う。 私はあそこで薦められている書籍をほぼすべて買っている。

このように応援してくれている人が増えると、なんというか、

微力ながらも皆の役に立てれば良いなと思うようになる。

FXで勝ち続けるというのは並大抵のメンタルでは達成しがたく、また非常に辛い戦いだ。

孤独だし、常に資金を失うプレッシャーにさらされる。エントリーしたら常に不安を抱えるようなものだ。

含み損がでれば不安。含み益がでても利益が減るのではないかとまた不安。

すごいゲームだと思う。そのような中でチームプレイができるわけではなく、他人は敵。

この絶望的な状況でも、

拙ブログに訪れてくれた人、応援してくれる人や、暖かい感想をくれる人、自分の拙いインディケーターに価値を感じ購入してくれる人をみていると、やはり情愛を感じる。

また、いつも掲示板にきて、今日も相場に臨む人々をみると応援したくなる。

私も少ない頭を絞り、微力ながらも少しでも皆の助けになれれば良いなと思っている。


さて、そこで今回は、最初はロジックをまとめたら商品として扱おうかと考えていたのだが、

考えが変わったので、今まで自分が付けてきたサヤ日記から導き出された、

現段階でのポンド円の取引ロジックを紹介しようと思う。

取引に関する責任は持てないが、取引の参考にしてもらえれば幸いだ。


久しぶりに、(初めて?)今日は私の単独講義の形でお届けする。

ポンド円はトレンドの発生しやすい通貨だ。順張りが上手く乗れば短期間で大きくとれる。
難易度は高いが使いこなせるようになろう。

4:30~16:30までの間は、逆張りで臨む。トレンドが発生しづらい時間だからだ。
①13Pips開いたら逆張りでエントリー
②23Pipsまで開いたらナンピン。 5Pipsまで閉じれば利食い
③32Pipsまで開いたら損切り   5Pipsまで閉じれば利食い

16:31~28:29の間は

16:31~17:30は順行する可能性が高い時間帯なので、
サヤが10Pips~15Pipsくらいの位置にあれば順張りを狙ってエントリー。
利益目標は30Pipsとし、損切りはサヤが0Pipsになった時とする。
二つに到達しなければ5:30分に決済しても良いだろう。

17:31~19:30はサヤの開きが20になれば逆張りで10で利確 
もしも30まで広がればナンピンし、20になれば両方とも決済。 37で損切り。

19:31~20:30は順行する可能性が高い時間帯なので、
サヤが10Pips~15Pipsくらいの位置にあれば順張りを狙ってエントリー。
利益目標は30Pipsとし、損切りはサヤが0Pipsになった時とする。
二つに到達しなければ20:30分に決済しても良いだろう。

20:31~28:31の間は40になればエントリー。
サヤがクロスすれば決済。 サヤが55になれば損切り。

以上が現在私が現在まとめた取引のルールだ。


順張りのコツと心構え
さて、まず取引している時に、あなたはリスクリワードを考えて取引しているだろうか?

これは何を意味するかと言うと、損失する時の値段と利益を得るときの値段の比率だ。

例えば損切りを10Pipsにいれ、利食いの指値注文を20Pipsの位置に入れると、

リスクリワードは2となり、大変良い取引であると言える。(勝率も加味できていれば最高だが)

riskriward.png
これはあくまでも例で、このようにして取引をしろと薦めているわけではないことを断わっておく。

上の画像をみて欲しい。
私なら黄色の○のようなところではエントリーチャンスだと考える。

なぜか、下げ止まると予想できるのはレジスタンスができている下の黄色のライン。

そして利食いが予想されるのは上の黄色のラインくらいであろうと考えるからだ。

損失の想定幅と、利食いの想定幅が圧倒的に利食いの想定幅の方が大きい。

このように、エントリーをする時にリスクリワードを考えることは結構大事だ。


順張りへの応用。
sayadash.png
23.png
上は11月11日に、16:10分にエントリーして、16:49分に利食いを行って58Pipsとった時の画像。
下は11月9日に、 16:13分にエントリーして、16:49分に利食いを行って57.9Pipsとった時の画像。

信じられないと思うがこれは本当のことだ。
私自身、同じ取引ではないかと何度も確認した。

この時のローソク足の形に注目してほしい。
どちらも押し目を拾えているのがわかるだろうか。

これはサヤの開きが10Pips~15Pipsまで収束するのを待っているからできている取引だ。

サヤの開きが10~15Pipsまで収束するのを待つことによって、最悪サヤが0に閉じてもそれほど痛手をおわないというメリットがある。

サヤの値が30で利食いを予定しているのだから、もしサヤの値が10で入れればリスクリワードは2。
サヤの値が15で入れれば1になる。

しかしもしサヤの値が20で入ればどうなるか。 サヤの値が30で利食いを予定しているわけなので、
リスクリワードは0.5になる。ようは、損の期待値のほうが大きくなるわけだ。

このような場合はエントリーをしないようにするべきだ。

本来ならばこれから
ポンド円を取引通貨とするゴールデンオーバーレイのサヤの動きの考察と、
ユーロ円を取引通貨とするゴールデンオーバーレイのサヤの動きの考察を行いたかったのだが、

長くなりすぎたので次回に回すことにする。

ポンド円に関する考察は一通りすんだので、次週からはユーロ円に関するゴールデンオーバーレイの考察に入っていこうと思う。 その次はドル円だ。


本日も忙しい中時間を割いて拙ブログを訪れてくれて本当にありがとう。


ゴールデンオーバーレイって何?って人はこちら(クリックするとリンク先に飛びます)を見て欲しい。

取引の報告等はメタバイザーの放課後でしていると仲間ができたみたいで少し楽しいと思う。

放課後に集まる人はみんな良い人なので、ちょっと書き込みを入れてくれれば暖かく迎え入れてくれるはずだ。

相場は基本的に一人でするものという原則はあるが、意見を言い合える仲間がいるとすこし気が楽になって、その結果取引の成績も向上すると思うので、何か疲れたり、上手くいかない日、上手くいった日は立ち寄ってみてくれ。

レスがつかなければ私が必ずレスするので安心してほしい。

もしよろしければ応援してほしい。どうもありがとう。

最近応援してくれる人が増えていてすごく感謝している。

本当にどうもありがとう!

私がブログを更新して、取引の考察が毎日できるのも皆のおかげだ。(取引の考察結果をだしてまとめるのは3時間くらいかかる時がある)本当に感謝している。

訪問してくれるだけでも嬉しい。これからも遊びに来てほしい。

長くなってしまったが、最後まで読んでくれてどうもありがとう。

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES
TMP Customized by I'm looking for.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。